記事の詳細


この世の中には、自慢話をる男は非常に多い。悲しいほど多い。
一般的には、目をキラキラさせて「すごーい。」とリアクションすればOKだという恋愛スキルが定着しているようですが、スゴレンでおはその手法に加えた、アドバイスをしたいと思います。

「すごーい。」というリアクションだけよりも、もっと会話を盛り上げる一言があるからです。
それは、「へぇー、キッカケは何だったの?」この質問です。
「話を聞いてあげる」という慈悲の心を持って、会話に臨むようにしましょう。
自慢話に対して、無理に褒めなくて良いのです。「へぇー、キッカケは何だったの?」という相手について掘り下げた質問をすれば、単なる自慢話から本人が主体のエピソードの話に変わっていきます。 事例と共に解説したいと思います。

1. 自分が所有している車について自慢してきた場合、
「へー、その車を買おうと思ったキッカケは何だったのー?」
    車自体の自慢話から、当時の想いや考え方の話に変化します。
    会話の主題を「車」自体から、相手自身に目を向けることにより、若干関心を寄せることができるテーマとなります。

2. 有名な飲食店に行って来たことについて自慢してきた場合、
「そこに行こうと思ったキッカケはなんだったのー?」
    確かにウザイ自慢話です。 でも、我慢です。慈悲の心を忘れずに。
    穏やかな心を持っていれば、自慢話も別の話に変わっていきます。
    有名なお店に行くには、それなりの理由・キッカケがあります。
    相手の行動の起点から話の盛り上がりポイントを探ってみましょう。

3. 自分の仕事、業界についての自慢してきた場合、
「いまの仕事をやろうと思ったキッカケは何だったのー?」
    この手の自慢話は、業界自体の話で勝手に盛り上がってしまう傾向がありますが、ここで話を相手主体にしましょう。
    仕事に取り組む姿勢が話のテーマとなります。新しい魅力を垣間見ることができるかもしれません。

4. 知り合いについて自慢してきた場合、
「その人との出会いのキッカケは?」
    ウザイ自慢です。自分のことでもないのに、自分のことのように自慢話をされることは、大変ストレスです。
    「その人との出会いのキッカケは?」は話を振り、過去の話をさせつつ、「相手からどんな影響を受けたの?」と相手主体の話に切り替えましょう。
    繰り返しになりますが、「相手主体のテーマ」へ変換することが大切なことです。

5. 自分自身の過去の栄光を自慢してきた場合、
「成功したキッカケとかってあるの?」
    このような話の振り方によって、相手は喜んで話します。
    でも、慈悲の心で穏やかな精神を保ってください。
    「成功したキッカケとかってあるの?」という疑問は相手に関する意外な点を発見することが多いです。
    単なる自慢話から、ちょっとした教訓と反省を引き出すことが可能です。
    また、男性のテンションも恐ろしいほど上がるので、「聞き上手な女性、居心地良の良い女性」だと思われ、確実に好感度はアップします。
    チャンスだと捉え、献身的に話を聞いてみてください。

6. 自分自身の女遍歴を自慢してきた場合、
「それだけ、モテるようになったキッカケとかってあるの?」
    最高にウザイ自慢話です。通常ならば、ガールズトークの餌食になるような、イタい男です。
    敢えて、そんなイタい男を攻略するとしたら、「それだけ、モテるようになったキッカケとかってあるの?」とおだててあげましょう。
    意外と過去の失敗体験やコンプレックスの話などに展開し、意外な持ち上がりを見せるかもしれません。



■職種:
マッサージ,メンズエステ
アルバイトスタッフを募集しております。

■勤務先:
埼玉県さいたま市大宮駅周辺

■20代,30代,40代の未経験者の方でも大歓迎!
脱いだり、舐めたりしなくても高収入をお約束!

■ご注意!
当店ではいわゆる、指圧マッサージ、強もみマッサージなどはプレイ内容に含まれておりません。ご安心してくださいませ!当店のプレイ内容は、リラクゼーション(癒し)のトリートメントエステになります。

/////
女性店長だから親身にご相談させて頂きます!

ご連絡先
080-4897-8400
メールアドレス
smart-job@i.softbank.jp
担当結城

エステスタイル総合求人ページ
http://este-style.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る