記事の詳細


エステ屋女将のひざまくら埼玉店」の
●大宮の回春マッサージお仕事/求人情報●のページをご覧下さいましてありがとうございます。

「エステ屋女将のひざまくら埼玉店」は、
さいたま市の近郊を中心に、シティーホテルやラブホテル、ビジネスホテルにお伺いし、
オイルを使用して、凝ってるところへ本格アロママッサージと、
回春性感マッサージをする風俗のお店になります。

※後遺症が起きやすい指圧マッサージはございません。

さいたま市の回春性感マッサージ「エステ屋女将のひざまくら埼玉店」 では、
お客様のカウンセリングから施術に至るまで、徹底的にお客様のご要望をお聞きし、
施術後に満足していただくことで喜びを得る、
そんなエステティシャンとして一緒にお仕事してみませんか?
在籍している女性のほとんどは未経験からのご応募です。
風俗業界自体全く初めての未経験者、
風俗の経験はあっても派遣型エステ業界が
初めての初心者を合わせた在籍率の多さと定着率の高さは
当店に対する安心感と信頼の現われではないでしょうか。

■女性スタッフの声
初めてのお仕事で心配だらけです。
「エステ屋女将のひざまくら埼玉店」に在籍されている女の子は、
9割以上が初めての女の子ばかりです。
今、このページをご覧の皆様と同じ気持ちで、
悩みながらもご連絡を頂いた方ばかりです。
最初から完璧にお仕事のできる女の子なんていません。
簡単なできることからはじめてください。
もちろん抵抗のある内容をお店から強制する事は一切ございません!
当店に必要なのは、あなたの笑顔だけです。
お仕事未経験の方は不安もかなりあると思います。
今回は未経験女性のよくある質問を、お答えしてみました。
ご参考にしてください!
※親・友人バレが怖い…。
ネット画像では、貴女と相談して決めておりますので大丈夫です。
【口元より下】【画像NG】なんでもご希望にお答えしますので、どうぞご安心ください!

あなたのライフスタイルに合わせてご都合の良いお時間にだけで働いていただけます。
★1日3時間から
1ヶ月に1日だけの出勤でも大歓迎です。学生さん、OLさんなど本業を主に働いて下さい。
夏休みや冬休みの短期だけの勤務や祝日だけの女の子も大歓迎です。

★入退店の自由と1日体験入店
当店では勧誘など一切無く、入退店は貴女の意思になっております。
日々のお仕事で使用するアロマオイルには自分自身へのヒーリング効果もあり、
ドーパミンやセロトニンといった脳内伝達物質の分泌が増え、表情が明るなり若返ります。

★通常のエステにはない高収入
一般的なエステ・マッサージ店の場合、
労力に対して収入面が伴っていない場合がほとんどです。
しかし、当店の場合は完全会員制の高級アロマエステ店として運営していますので、
お客様1人あたりの単価が非常に高く、
その分、女の子のお給料も通常のエステ店とは比べ物にならないくらいの高額な設定となっています。
また、短時間でいっきに稼げる点も大きな魅力です。
当店はとして、ワンルームを店のすぐ近くに完備しています。

家電製品、寝具等生活必需品は全て揃っていますので、今すぐにでも入居可能。

優しいお姉さんが、
草食系男子=シャイな男性を癒す!
がコンセプトのソフトサービス専門店ですので、
難しいテクニックが必要ないのは勿論、
女性が受身になるハードサービスなども一切必要ありません。
他店で稼げなかった方、
未経験・初心者で不安な方、
嫌な思い、辛い思いをされたご経験のある方は是非一度、
(安心・簡単・高収入)他店との違いを実感して下さい。

脱いだり、舐めたりする過激なオプションなどがなくても、
しっかり高収入を得られるように
楽しいイベントなどで盛り上げて集客を絶やさない経営をしております。

エステ業界に興味のある方、
他業種の風俗店に勤務していて裸になるのが嫌な方、
マッサージの資格の取得を真剣に目指している方、
等々アルバイトをするにあたり様々なご質問・ご相談何でも対応致しますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。



■職種:
マッサージ,メンズエステの
アルバイトスタッフを募集しております。

■勤務先:
埼玉県さいたま市大宮駅周辺

■20代,30代,40代の未経験者の方でも大歓迎!
脱いだり、舐めたりしなくても高収入をお約束!

■ご注意!
当店ではいわゆる、指圧マッサージ、強もみマッサージなどはプレイ内容に含まれておりません。ご安心してくださいませ!当店のプレイ内容は、リラクゼーション(癒し)のトリートメントエステになります。

/////
女性店長だから親身にご相談させて頂きます!

ご連絡先
080-4897-8400
メールアドレス
smart-job@i.softbank.jp
担当結城

エステスタイル総合求人ページ
http://este-style.jp/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る